登録有形文化財(建造物) 平成18年3月2日登録

 


津嘉山酒造所
主屋・麹屋・正門及び外塀・門及び内塀・南井戸

主屋

名護大通りの裏通りに南に面して建っています。

桁行15m、梁間12m。寄棟造りの主体部の隅に玄関や屋敷などを張り出す。

外装は堅板張。醸造作業を行う建物の西側半分には越屋根が設けられています。

また、居住に使われた建物の東側半分には、縁側を廻らしています。

この主屋は、沖縄本島に現存する近代の木造建築物としては、最大級の規模を誇ります。

麹屋

主屋西側の背面に位置する、

「麹」を発酵させるための施設です。

桁行12m、梁間7.9mで、赤瓦、寄せ棟造り、平入、小屋組はクイーンポストトラス。

建物内部は柱を約2m間隔でグリッド状に配する産業施設らしいつくりです。

現存する数少ない近代泡盛工場施設の一つです。

正門及び外壁

長方形平面の敷地外周に築かれています。

延長158メートルで、モルタル洗い出し仕上げ。

街路側では2本の目地を水平方向に入れ、頂部を笠石状に造っています。

柱頭を意識した意匠を施し、アーチ型鉄材で繋がれた門柱からなる正門は、洋風建築導入期の門構えの姿を今日に伝え貴重なものです。

門及び内塀

内塀は、正門脇の外塀と主屋をつなぎ、居住部分と工場部分を仕切る延長7.1mあります。

頂部を笠石状とした門柱をほぼ中央に配し、北側の門柱には控え壁がつけられています。

北側の塀はレンガ造りでモルタル芋目地仕上げ、南側はコンクリート造りでモルタル塗り目地仕上げになっています。

南井戸

主屋の南に位置し、直径0.96mの円筒形の井戸で、深さ3.2m、全体を琉球石灰岩の切石で築かれています。

長さ1.4m、幅2.4m程の洗い場と、池の噴水に水を供給するためのタンクが側にあり、共にコンクリート造り。

住時の生活様式をよく示し貴重なものです。

 

 

 

 

*登録文化財とは

平成8年10月1日施行された制度で、多種多様かつ大量の近代(主に明治以降)の貴重な建造物を保存するために作られた。築50年以上が目安。緩やかな保護措置を講じる制度で従来の指定制度を補完するものである。2009年1月現在の登録件数は7408件


概要 | プライバシーポリシー | サイトマップ
© 2009 津嘉山酒屋保存の会